PCMAXに登録する前に

PCMAXに登録する前に参考にしてほしいサイト

*

アドレス回収業者

有名な出会い系サイトで見かけるアドレス回収業者の特徴とは?

      2015/12/29

アドレス回収業者とは、文字通りアドレスを回収し、そこに迷惑メールや架空請求のメールを送ったりする業者のことです。

なぜそんなことをするのかというと、いわゆるカモを探しているわけです。高額請求をふっかけてまんまと支払ってくれるカモを。要するに、詐欺ってことです。

大手の出会い系サイトにおいても存在は確認されており、運営側がいくら排除してもそのような業者はドンドンと湧き出てくるという、まさにイタチごっこの様相を呈しているのが実情です。

それゆえ、出会い系を利用する側にも自衛策を講じる必要性があるのです。業者に騙されない為に、今回はアドレス回収業者の特徴をご紹介したいと思います。

業者に関わるのは時間とお金の無駄です。業者かどうかをしっかり見極めて、本当に出会える女性とだけやりとりをして、素敵な出会い系ライフを送りましょう。

自己紹介のアダルト色が強い

出会い系に登録している男性でエロいのが嫌いな人はいませんよね。私も大好きです。そもそもアダルトな下心を持たない男性はおそらく出会い系を嫌悪している側でしょう。しかし、業者はその男の下心を巧みに利用してきます。

とにかくエロい自己紹介。これ、アウトです。

夢を見たくなる気持ちも分かりますが、メールしたところで相手はほぼ100%の確率で業者、そして中身は男です。卑劣ですね。実に卑劣です。

まず出会い系に登録する女性は露骨なエロ主張をしません。本心がどうであれ、女性は表面上アダルトな目的には興味がないという感じを装うものです。

手っ取り早くエロい女を見つけたい気持ちは重々理解していますが、業者はその心理を巧みに突いてくるのです。ご注意ください。

写メが芸能人級に可愛い

これは分かりやすそうで、しかし実はちょっと分かり難い特徴でもあります。写メが可愛いかどうかなんて結局主観ですからね。しかし見れば分かります。

明らかに本人じゃないということが。

可愛いという抽象的な表現を使わないといけないのは些かもどかしいのですが、しかしこれは実際に見てもらえると一目瞭然だと思います。明らかに一般人じゃないレベルの女性が載っているのですから。

これも男性の心理を利用した方法です。可愛い女性の写メを使い、男を舞い上がらせるわけです。出会い系をある程度やっていれば自ずと判断できるようになりますが、始めたてだとなかなか見分けが付かないでしょう。その場合は他の特徴と照らし合わせてみると良いかと思います。

慣れてくると「ああ、この子他のプロフでも見たなあ」という現象が起こったりもします。こんな可愛い子が世の中にはいるんだという妄想だけで、その場は収めましょう。

会話が噛み合わない

アドレス回収業者は送られてきたメールに対して手動で返信しているのではなく、システムでメールを送り返しています。そりゃあ1人1人律儀に対応していたら人がいくらいても足りませんよね。

しかし、それゆえに業者とのメールには決定的な特徴というか欠陥が生まれるのです。それは、

会話が微妙に噛み合わない

ということ。
質問をしてもそれに対応した答えが返ってこない、なんてのは最たる例ですね。メールに疑問文を挿入するというのはこういった業者の判別にも役立つというわけです。

けれども、脳内補正というのは恐ろしく、些細なすれ違いは誤差の内と判断して、そのまま会話を進めてしまう男性もいたりします。はい、過去の私がそうでした。

なんか会話がちぐはぐだな。でもまあ不思議系の天然な女の子なんだろうな。こんな感じにポジティブシンキングをしていたわけです。今思えばとんでもなく愚かですね。その結果、次章で紹介する事態に陥るわけです。

別サイトへ誘導してくる

噛み合わないメールを数通交わした後、いきなりURLと共にこんなメッセージが送られてきます。

「このサイトもう辞めるから、良かったらこっちのサイトで話さない?」

別サイトへの誘導です。理由付けは様々ありますが、共通しているのはURLを記載してくるところですね。別サイトへの誘いをかけてきたらそれはもう、100%業者ですので、やり取りを即刻取り止めてください。それ以上関わるのは時間とポイントの無駄です。

ちなみに誘導先のサイトではメールアドレスによる登録が必要になり、これがアドレス回収の代わりとなっています。費やしたポイントを無駄にしたくない気持ちは痛い程分かりますが、潔く引き下がりましょう。

いきなりLINEのIDを送ってくる

LINEの台頭により、アドレス回収業者の手法もかなりコンパクト化しました。従来は男性の信用を得るためにメール内で数通やり取りしてから別サイトへ誘導するのが定石だったのですが、LINEが現れてからは、

いきなりLINEのIDを送ってくる

という、とんでもなく効率の良い手段を取り始めたのです。

業者は運営側に即アカウント停止処分を受けるのですが、その短い間にLINEのIDを大量投下するのと、数通やり取りした末に別サイトへ誘導する方法、どちらがより迅速に誘導をかけられるでしょうか。もちろん、前者ですよね。

LINEの出現により業者の作業効率がアップしたことは間違いありませんが、しかし私たちが行うべき自衛手段は変わりません。なぜなら、業者のやることはちっとも変わらないからです。

場所がLINEに移っただけで、やることはいっしょ。URLを添えて、「LINEできなくなっちゃうから、こっちのサイトで云々」という常套文句を言ってきます。

即刻ブロックしましょう。
幸い、LINEでやり取りをして被る害はありません。そもそもファーストメールからLINEのIDを記載すること自体が怪しいので、その時点でスルーをしてしまうのが最善の策とも言えるでしょう。

まとめ

出会い系における業者の特徴を覚えておくことで、より効率的なサイトの運用が可能となります。絶対に出会えない人とやり取りするよりも、少しでも出会える人とやり取りをした方が可能性は上がりますからね。

業者の手口も段々と巧みになってきていますが、運営側がそれをいち早く察知して排除してくれますし、利用者側もちゃんとした知識を持っていればそれに騙されることはありません。業者にとって最も嫌なことは、誰も騙されてくれない状況です。

私たち利用者側の努力によっても健全なサイト運営を促すことができますので、ぜひ今回ご紹介した業者の特徴を参考にして、業者に引っかからない利用を心掛けましょう。

 - 出会い系サイトを攻略する