PCMAXに登録する前に

PCMAXに登録する前に参考にしてほしいサイト

*

プロフィールの書き方

出会い系ではプロフィールの書き方で女性の反応がガラッと変わる

   

出会い系で相手のことをよく知るには会話をするしかありません。会話をして初めて、出会い系は出会い系として機能します。しかし、中にはその会話にすら辿りつけない男性というのも多く見受けられます。

もしかしたらそれは、プロフィールの書き方のせいかもしれませんよ?

出会い系においてプロフィールは、あなたの「顔」のようなものです。いくらファーストメールが良くても、プロフィールが杜撰だとあまりイメージは良くありません。外面と内面のギャップが激しすぎる、と言い換えても良いかもしれませんね。

そのギャップを埋める為、今回は女性の反応がガラッと変わってしまうようなプロフィールの書き方をご説明していきたいと思います。

まずはプロフィールを充実させる

まず大前提として挙げられるのが、

プロフィールをとにかく充実させることです。

当たり前じゃん、と思うかもしれませんが、本当にあなたのプロフィールは隅から隅まで記入されていますか。また、自己紹介文が単なるお飾りの文章になっていたりはしませんか。

前述しましたが、プロフィールは「顔」です。顔を見て、目が無かったり、鼻が無かったりしたらおかしいですよね。一見、どうでもいいような項目でも特定の女性にとっては重要だったりするのです。

職業や年収、体型、身長など、埋めるべき項目はいくらでもあります。これらの項目を埋める時、正直に書くのが一番良いのですが、たとえば職業が無職、体型がデブだったりしたら、それだけで女性は引いてしまいます。そこで、

プロフィールではほんの少し背伸びをしましょう。

無職だったらとりあえずサラリーマンと書いておけばなんとかなります。体型が太めだったら、「ガッチリ」という項目があるはずなので、それを選びましょう。背伸びしすぎるとそれは嘘となり、ボロが出やすいので、背伸び程度に留めておきましょう。
自己紹介文については次章に述べたいと思います。

自己紹介文では最初の数行が肝心

プロフィール項目をじっくりと眺める女性はあまりいません。あくまで基本情報として確認する程度でしょう。では女性が重点的に見る場所というのは、やはり自己紹介文です。

自己紹介文が真っ白、あるいは数行しか書いていない方も多く、それでは女性からメールが来ないのも納得です。自己紹介はなるべく具体的に、かつ程よく改行しながら書きましょう。

しかし、かといって超長文を書いても女性は全て読んでくれません。必要な情報をコンパクトにまとめる。重要なのはこのことと、もう1つ、

最初の数行に女性の興味を惹く文章を入れる

「はじめまして」で始まる文章も良いのですが、それだとその他大勢の男たちにあなたのプロフィールが埋もれてしまいます。なぜ埋もれてしまうかというと、女性が男性を見極める点は自己紹介文の最初の数行だからです。

出会い系でプロフ検索をした際、一覧に表示されるのは自己紹介文の最初の数行のみです。ここでどれだけのインパクトを残せるかで、女性からの反応がそれこそ段違いに変わります。

小説においても最初の数行、ないしは最初の一文でその物語の全てが決まると言われています。出会い系でも同じです。ユーモアを交えてもいいですし、いきなり女性のタイプを声高に叫んでもいい。とにかく、

入り口であなたを全力で表現する。

これを心掛けましょう。そうすることにより、女性があなたに興味を持つ確率が高まります。

プロフィールにあえて「穴」を作る

プロフィールを充実させることが重要だと申しましたが、より正確に言えば、充実させた上で、いくつかの「穴」を作っておきましょう。

穴とは、ほんの少し匂う秘密のことです。

秘密は話題のとっかかりとなります。女性がその穴に気づいてくれれば、女性の側から質問をしてくれて、そこから話を広げることができるでしょう。

ではどのようにして穴を作れば良いのか。あまり分かり辛いと、女性もそれに気づかない恐れがありますので、できれば目立つ穴を作っておきたいところですよね。そこで重要になるのが、

具体から抽象の変化です。

たとえば趣味が読書だとします。そのまま好きな作家などを書くのも良いのですが、そこであえて「好きな作家はちょっとマイナーなので、気になった方は聞いてください笑」と書くと、ここにちょっとした穴ができますよね。

これはあくまで一例ですが、同じような方法で穴はいくつでも作ることができます。大切なのはとにかく女性の興味を惹くこと。それを念頭においた自己紹介文作成を心掛けましょう。

聞き手を意識した書き方を心掛ける

基本項目などはチェックを入れるだけなので書き方を意識する必要はありませんが、自己紹介文などにおいては書き方を意識する必要があります。自己紹介文は独り言ではなく、必ず聞き手がいるということを意識しましょう。

聞き手とはもちろん女性のことです。
そして聞き手がいることを想定した上で意識すべき点は、語調と語尾、この2つです。まず語尾に関して言えば、固すぎず、軽すぎない語尾を心掛けましょう。

ビジネスに使うような日本語を用いると固すぎますし、友達と話すような口調だとあまりに軽すぎます。フランク、あるいは砕けた敬語というのが丁度良いでしょう。

作り方は簡単で、ですます調の後に「ね」や「よね」を付けるだけです。「ですね」「ますよね」と、こうするだけで普通にですます調を使うよりも全体的にいくらか柔らかな印象を与えることが出来ます。

そして語調の方ですが、女性に語り掛けることを意識しましょう。
断定調で文章を終えるよりかは、読んでいる女性に対して問いかけるような文章を作ってみましょう。

独りよがりの自己紹介ほど読んでいてつまらないものはなく、あたかも会話しているかのような文章を作成することで、女性が話してみたいと思える男性像を演出することが出来ます。

雰囲気の分かる写メを載せる

厳密に言えばプロフィールの書き方ではありませんが、大変重要なことですので写メについても言及しておきます。おそらく多くの男性がこんな疑問を抱いているのではないでしょうか。

写メは載せた方が良いのかどうか。

答えはイエスです。載せた方が女性からの反応は良くなります。女性は安心感を求めますので、相手側の存在が確認できる写メというのは心理的にかなり好影響を及ぼすようです。しかし、載せる写メは顔写メである必要はありません。

むしろ、よっぽどイケメンでない限り顔写メは止めたほうが良いでしょう。フツメンやブサメンのキメ顔ほどぞっとするものはありませんからね。では何を載せれば良いのかというと、雰囲気の分かる写メです。

後ろ姿などが代表例ですね。そうです、その程度の写メで十分なのです。アバターのままであるよりも数倍良い効果が得られます。なかなか出会えないという方は、写メを載せてみましょう。状況がかなり改善されるはずです。

まとめ

出会い系に登録して真っ先にすべきなのはプロフィールの編集です。
これを怠ってしまうと、せっかくのチャンスもみすみす逃すハメになってしまいます。女性と出会う為には、まず自分を表現することから始めなければなりません。

プロフィールの書き方に正解はありません。反応が芳しくなかったら試行錯誤を繰り返し、より良いプロフィールへと進化させることができます。女性と出会えないという方は、一度自分のプロフィールを見直してみてはいかがでしょうか。

 - 出会い系サイトを攻略する